【スポンサードリンク】

ストレスは胃がんの原因になるか?

昔から、胃はストレスの影響を受けやすく、ストレス状態が続くと慢性胃炎や胃潰瘍が生じやすいと言われていました。

これは、消化管の中でも胃がとりわけデリケートな器官で、本人の精神状態に左右されやすい性質を持っているためだとされています。精神的なストレスが強まるとすぐに、自律神経の働きによって胃壁の血流量が減少してしまいます。

この状態が長く続くと、胃の粘膜を作っている細胞の分裂速度が低下します。その結果、胃酸 (塩酸)に負けて損傷した粘膜層が薄くなり萎縮性胃炎と発展しやすくなります。そしてこの状態にピロリ菌などの影響が加わると、胃がんを発症する危険性が高まるとみられています。

ストレスと胃がんの関係を調査した千葉県がんセンター疫学研究部の研究データによると、男性で「いつもイライラしている」と答えた人は、そうでない人に比べ、50歳未満では胃がん発症率が2倍、50〜59歳では1.9倍となっていました。また女性では、50〜59歳の「いつもイライラしている」人の発症率は、そうでない人の2.8倍であったとされています。

さらに「心配事がある」と答えた人では、50歳未満の男性の発症率が1.9倍、同じく女性が2.5倍でした。

これらの数値を見る限り、精神的なストレスの強い人が胃がんになりやすいと言う傾向があるのは事実かもしれません。

しかし、これまでの研究によれば、胃がん患者のほとんどがピロリ菌に感染しており、単にストレスだけで胃がんになることはあまりないようです。がん化はストレスによって胃の粘膜が弱っていると、胃に棲み着いていたピロリ菌によって胃炎が進行しやすいことが関係しているのかもしれません。胃がんに限らず、どんながんでも、細胞のがん化はさまざまな原因が複雑に絡み合って起こると考えられており、単純に1つの要素を原因と名指しすることは難しいと言えるかもしれません。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼ストレスと胃がんの原因は?【いつもイライラしてると癌になりやすい】

【概要】
ストレスは胃がんの原因になるか? 昔から、胃はストレスの影響を受けやすく、ストレス状態が続くと慢性胃炎や胃潰瘍が生じやすいと言われていました。 これは、消化管の中でも胃がとりわけデリケートな器官で、本人の精神状態に左…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]