【スポンサードリンク】

ピロリ菌と胃がんの関係は?

胃がん患者のほとんどの胃には、らせん状の細菌ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が棲んでいます。そのため、ピロリ菌は胃がんの原因の1つと強く疑われています。

1994年にWHO (世界保健機関)はピロリ菌を胃がんの原因であると断定し、各国のがん医療政策に大きな影響を与えました。しかし、今から考えると、当時のピロリ菌についての理解は十分ではなかったようです。

その後の研究によって、ピロリ菌にもいろいろな種類があり、人体にあまり影響を及ぼさないものから、胃粘膜をひどく荒らすものまでさまざまであることがわかってきました。また人間の側にも、体質によって、ピロリ菌の害を受けやすい人とそうでない人がいることもわかってきました。

ピロリ菌については、最近までに次のようなことが明らかになっています。

まず、非常に高い比率でピロリ菌に感染している高齢者のうち、この細菌の感染によって実際に胃潰瘍などを起こしている人はそれほど多くはなく、全体の2〜3%程度であり、胃の粘膜が薄くなる萎縮性胃炎(慢性胃炎)を起こす例も少数だということです。

しかし、ピロリ菌によって引き起こされる萎縮性胃炎や、それがさらに進んだ「腸上皮化生」(粘膜が腸の細胞に変化した状態)からは、がんが発生しやすいことがわかっています。

また、動物実験によって、ピロリ菌に感染した動物(スナネズミ)に発がん物質を与えると、高い確率で胃がんを発症することが確かめられました。さらに、長期にわたってピロリ菌に感染した動物は、発がん物質を与えなくても胃がんを発症することが明らかになりました。

ピロリ菌が胃の粘膜を損傷する過程は非常に複雑です。ピロリ菌が分泌するさまざまな病原物質や、ピロリ菌の存在によって起こる人体の反応がさまざまに絡み合っているからです。

例えば、ピロリ菌の半数は「細胞空胞化毒素(VacA毒素)」と言うたんぱく質を生産します。この毒素は、胃粘膜の細胞を空洞(空胞)にして脱落させます。また、ピロリ菌が胃酸を中和して自分自身を守るために作り出すアンモニアも、胃の粘膜を傷つけます。

そのため、ピロリ菌に感染すると胃液の成分も変化し、胃の粘膜を十分に防護することができなくなります。

その一方で、ピロリ菌に対抗するために集まってくる免疫細胞が、毒性の高い活性酸素を放出し、粘膜細胞を破壊します。

こうして、ピロリ菌の感染によって粘膜細胞がびらんや欠落を起こして、それが次第に胃炎や胃潰瘍へと発展すると考えられています。

さらに、ピロリ菌がこのように胃の粘膜を傷つけ続けていると、胃の粘膜は胃がんの前がん病変とされる萎縮性胃炎や腸上皮化生の状態になります。これが、胃がんを生じやすい環境を生み出すと言われています。

しかし最近、こうした粘膜の異常をともなわないまま、ピロリ菌が胃がんを発症させる例が少なくないことがわかってきました。このような例では、ピロリ菌は胃の粘膜細胞に直接働きかけ、それが遺伝子の変異→細胞のがん化という一連の変化を誘発しているとされています。

その仕組みとして、日本のピロリ菌の約90%が分泌する「CagA(空胞化毒素関連たんぱく質)」が関与していると考えられています。

このように、ピロリ菌のCagAは多様な仕組みで細胞のがん化を促す発ガン性のたんぱく質なのです。

そのため現在では、肝臓がんにおける肝炎ウィルスや、子宮頸がんにおけるパピローマウイルスと同じように、ピロリ菌は、がんを引き起こす病原体として位置づけられています。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼ピロリ菌と胃がんの関係【ピロリ菌感染で萎縮性胃炎や腸上皮化生へ

【概要】
ピロリ菌と胃がんの関係は? 胃がん患者のほとんどの胃には、らせん状の細菌ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が棲んでいます。そのため、ピロリ菌は胃がんの原因の1つと強く疑われています。 1994年にWHO (世界保健機関)…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]