【スポンサードリンク】

胃がんのリンパ節転移とは?

胃がんは、リンパ節に転移しやすいがんです。

人間の体には、無数のリンパ管が張りめぐらされています。これらのリンパ管系は、血管系とともに人体の循環系の一部をなしています。

体全体に分布する毛細血管からは、血液の液体成分(リンパ液)やリンパ球などが組織の内部に絶えずしみ出しています。これらは組織内に多くなりすぎると、近くのリンパ管に流入します。こうした末梢のリンパ管は他のリンパ管と合流してしだいに太い管となり、最終的に大静脈へとリンパ液を流し込みます。

リンパ系の役割は、人間の体の免疫(体にとっての異物や外敵を排除する仕組み)を支えることです。リンパ球などの免疫細胞は、体内に入ってきた病原体を発見すると警報を発し、他の免疫物質とともにこれを攻撃します。

さらに、リンパ系の要所要所にあるリンパ節(リンパ腺)は、病原体をブロックする関所です。この豆粒大の構造の内部は網の目のようになっているおり、ここで不要になった免疫細胞やリンパ液中の病原体がろ過されます。

胃は、外部から病原体や毒物が侵入しやすい臓器なので、胃壁はリンパ管が多く、また胃の周りは多数のリンパ節に取り巻かれています。

そのため、胃がんが進行すると、がん細胞はリンパ管の薄い壁を簡単にすり抜け、リンパ管内に侵入します。そしてリンパの流れに乗って移動し、近くのリンパ節にたどり着きます。がん細胞はここで他の病原体と同じように一旦足止めされ、分裂・増殖を始めます。これが胃がんのリンパ節転移です。

しかし、免疫系の働きの拠点であるリンパ節で、なぜがん細胞が増殖するのでしょうか?

これは、がん細胞がもともとその人間の細胞であり、異物や外敵ではないためと考えられています。そのために免疫細胞は、正常な細胞と癌細胞の見分けがつかず、がん細胞を見逃してしまうのです。

リンパ節でがん細胞が増えると、一部のがん細胞はそこから逃れ出てさらに遠いリンパ節へと進み、そこで再び増殖します。

こうしてがんが進行するにつれ、しだいに胃から遠くへとリンパ節転移が進んでいくことになります。

がんが進行してリンパ節転移が進むと、最終的にがん細胞は、腹部の大静脈の周りのリンパ管から胸管という太いリンパ管に達し、ついには大静脈に入り込みます。

こうなると、がんは血流に入って別の臓器へも転移することになります。

この時、血流へのがん細胞の侵入を防ぐ最後の障壁となるのが、鎖骨の上のリンパ節です。

このリンパ節ががん細胞の増殖によって膨らんだ時には、がんはすでに胃以外の臓器も侵し、末期に至っていると考えられています。

リンパ節転移が進むと、がん細胞がリンパ管内を満たしながら増殖することになります。

この状

まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼胃がんのリンパ節転移とは?【胃がんはリンパ節に転移しやすい癌】

【概要】
胃がんのリンパ節転移とは? 胃がんは、リンパ節に転移しやすいがんです。 人間の体には、無数のリンパ管が張りめぐらされています。これらのリンパ管系は、血管系とともに人体の循環系の一部をなしています。 体全体に分布する毛細…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]