【スポンサードリンク】

再発がんは治療しても治らない?

再発したがんは、一般的に最初に生じたがんより悪性度が高くなっていることが多いのです。

がん細胞は、分裂・増殖を繰り返すうちに様々な能力を身につきます。例えば、不要になって自殺(アポトーシス)すべき時にもそれを回避する能力、他の細胞から離れて勝手に動き回る能力などがあります。がんの成長と転移を早めることになるこのような変化を、がん細胞の「悪性化」といいます

がんが転移したということは、すでに転移するための様々な能力、すなわち自分で動き回り、周囲の正常な組織を溶かし、自らを養うための血管を成長させるなどの能力を得ていることを意味します。

もし最初の治療時に抗がん剤を使用していたなら、それにも耐えて生き残ったがん細胞が再発の種となるので、抗がん剤に対する「薬剤耐性」も備えていることになります。

そのため、患者の体力等にもよりますが、胃がんが再発した場合には積極的な治療は行わず、病状を和らげる処置(緩和治療)しか行わないこともあります

では、胃がんの再発を抑えることは不可能でしょうか?

1つの方法は、再発の原因となる隠れた転移がんを全て取り除くため、手術で予防的に広範囲を切除することです。通常、胃がんの治療時には、転移の確率が高いリンパ節は広く取り除かれます。

しかし、予防的切除には限界があります。胃のまわりの臓器(膵臓、大腸、胆のうなど)の一部を切除すれば、患者の生活の質を大きく下げることになり、ときには患者の生命にも影響を及ぼします。

もう一つの再発予防法は、胃がんの手術後に化学療法を追加することです。近年、この手法によって再発率が低下すると言われており、リンパ節への転移が見られる進行がんの患者には補助化学療法が推奨されるようになりました。

また内視鏡手術後に起こる再発を抑えるには、ピロリ菌を除菌すると効果が高いこともわかっています。

胃がんの再発は、治療後2〜3年が最も多く、一般には5年以上再発しなければ完治したとされます。しかし稀に20年以上経ってから再発することもあります。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼再発がんは治療しても治らない?【再発が最も多いのは治療後2〜3年】

【概要】
再発がんは治療しても治らない? 再発したがんは、一般的に最初に生じたがんより悪性度が高くなっていることが多いのです。 がん細胞は、分裂・増殖を繰り返すうちに様々な能力を身につきます。例えば、不要になって自殺(アポトーシス…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]