【スポンサードリンク】

胃がんの原因、なりやすい人は?

胃がん患者のほとんどはピロリ菌に感染していると言われています。しかし、ピロリ菌に感染していても、大部分は胃がんを発症することなく生涯を終えます。

このように同じピロリ菌の感染者でも、胃がんを発病しやすい人と発病しにくい人がいるのはなぜでしょうか?

1つの理由はピロリ菌の毒性の強さの違いですが、それ以外にも、

①遺伝的な要因や生まれつきの体質
②長い間の生活習慣

上記のいずれか、あるいは両方が胃がんになりやすさの違いを生み出していると考えられています。

また、胃がんが遺伝的要因と関係しているらしいことは、昔から指摘されてきました。

しかし、ある家系の人々の多くが胃がんで死亡したからといって、すべての遺伝的要因によるとは限りません。その家系の人々が胃がんを発病させやすい食生活をしていたり、あるいは胃がんの温床となるような環境で生活していたなどが原因かもしれません。
これまでにも胃がんの発病に関わる遺伝子はいくつも発見されています。

例えば、「RUNX3(ランクス3)」と呼ばれる遺伝子は、細胞同士の接着やアポトーシス、細胞増殖のサイクルに関係しているとみられており、この遺伝子が働かなくなると、胃壁細胞のがん化が促進されると言われています。また、血縁者がいずれも「カドヘリン遺伝子」に異常を持つような場合、この遺伝子に異常のある人々の約70%が、若年性の胃がんを発症すると言われています。ただし、この場合発病するのは、特殊な悪性の胃がんであるスキルス胃がんのみです。

もう一つの、生活習慣が原因となって胃がんが発症しやすいのは、次の項目に当てはまる場合です。

①塩分をよく摂る人。特に、漬け物や塩蔵魚介類などの形で頻繁に食べ、結果的に毎日10グラム以上の塩分を摂取している人。
②タバコをよく吸う人。喫煙は、消化器系のがんの重大なリスク要因と言われています。

タバコがあらゆるタイプのがんを誘発することに、今では疑問の余地はありません。国立がんセンターが日本人についての複数の疫学的な研究をまとめた結果によると、喫煙者の胃がんのリスクは、男性ではタバコを吸わない人の1.8倍、女性は1.2倍になるとのことです。WHOの国際がん研究機関は、ピロリ菌と並んでタバコを発がん性が認められる物質と認定しています。

また、飲酒は食道がんや大腸がんなどの消化器がんの原因の1つであり、かつでは胃がんを引き起こすとも言われていました。しかし、国立がんセンターの研究によれば、飲酒と胃がんとの間には特に因果関係は見られないと言うことがわかっています。

③ハム、ソーセージ、イクラ等を色鮮やかに見せる発色剤・防腐剤として使われている亜硝酸塩、肉や魚の焼け焦げに含まれるベンツピレンベンツアントラセンなどの物質も、胃がんの原因物質とされます。これらを極端に避ける必要はないものの、毎日大量に食べるのは控えたほうが良いでしょう。

④野菜・果物の摂取量が少ない人。
このような人は、野菜や果物をよく食べる人に比べて胃がんの発症率が明らかに高いことがわかっています。

もしあなたがこれらの項目に当てはまる40代以上の男性で、仕事や生活上のストレスが溜まりやすく、かつ長年続けてきた喫煙などの生活習慣をすぐに改める意志がないとしたら、いつ胃がんを発症しても不思議ではないのです。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼胃がんの原因、なりやすい人は?【ピロリ菌・遺伝・生活習慣・喫煙】

【概要】
胃がんの原因、なりやすい人は? 胃がん患者のほとんどはピロリ菌に感染していると言われています。しかし、ピロリ菌に感染していても、大部分は胃がんを発症することなく生涯を終えます。 このように同じピロリ菌の感染者でも、胃が…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]