【スポンサードリンク】

胃がんはなぜ再発するのか?

がんは、完治したように見えても、再発することが珍しくありません。
がんが再発するということは、一般的に最初にがんが生じた時よりも性質の悪いがん細胞が全体を侵すことを意味します。

がん細胞は非常に強靭な細胞であり、他の多くの正常な細胞のように、自ら消滅するといった性質も持っていません。そのため、治療時に1個でも取り残されていると、その1個から再び増殖を始め、大きな病巣へと成長する可能性があります。

これが再発です。

例えば手術でがんを切除する場合、切り口にがん細胞が1個でも残っていれば、そこからがんは成長します(局所再発)。

また、がんが進行すると、がん細胞はしばしばがんの病巣を離れて、血流に混じって他の臓器へと行き着いたり、リンパ液に乗ってリンパ節で増殖を始めたりします。これらの転移したがんは非常に微小であり、初期では画像診断でも容易には見つけることができません。

こうした隠れた転移がんに気づかずに治療を終了すると、それが後に、離れた臓器やリンパ節で再発を引き起こすことになります(遠隔再発)。

しかし胃がんの場合、適切な治療を受ければ、少なくとも早期のがんが再発することは稀と言われています。これは、胃がんの大半は初期には成長が非常にゆっくりしているため、転移の恐れはそれほど高くないからです。

とは言え、胃の一部や胃の粘膜を切除した後、残った胃にがんが再発することがあります。これは、治療時に十分な範囲を切除しなかった場合や、治療前にがん細胞がすでに胃壁の内部にあるリンパ管に入り込み、それが胃壁の他の部分でがん病巣を作っていた場合などに起こります。また厳密には再発ではないものの、ピロリ菌によって萎縮した粘膜から新たながんが発生することもあります。

胃がんが進行すると、初期のがんとは様相が変わり、再発の恐れが次第に高くなります。進行がんは、目には見えなくても転移が始まっていることが多いからです。手術の際に確認できるがんをすべて切除をしても、どこかで転移が起こっている可能性は常に存在します。とりわけ、がんが胃壁を突き破った状態で見つかった場合、半数の患者が再発すると言われています。

中でも多いのは、腹膜再発と肝臓での再発です。

腹膜再発とは、臓器や腹腔をおおう薄い膜である腹膜からいくつものがんが発生することをいいます。これは、がんが胃の外に顔を出したときに、がん細胞が腹の内部空間にあたかも種をまくようにばらまかれることによって起こります。

また、肝臓での再発は、治療時にすでにがん細胞が胃壁の内部を通る血管に侵入していた時に起こります。

胃を通った血液はただちに肝臓に流れ込みます。この大きな臓器にも毛細血管が網の目のように張りめぐらされています。

そして肝臓全体が、それらの血管を流れる血液中の異物をろ過するフィルターのような構造を持っているため、異物であるガン細胞もそこに捉えられてしまいます。

こうして肝臓内のあちこちにがん細胞が付着し、それががんへと成長して、多数の転移がんを作り出すことになります。
このように、胃がんの大部分を占める分化がんは、進行しているほど再発しやすくなります。

これに対して、胃がんの中には最初に発生した時から悪性度が高く、たとえ初期に発見されても再発率が極めて高いがんもあります。

その1つである「スキルス胃がん」は、通常の胃がんが数年から10年以上もかかる成長の過程を、わずか数カ月で通過してしまいます。

このスキルス胃がんは周囲の組織に浸潤する力が強く、転移もしやすいため、発見時にはほとんどの症例で、すでに腹膜播種を起こしています。胃の内部にとどまっているように見えても、実は胃の外に隠れた転移を起こしていることもあります。

そのため、治療時に胃全体を摘出し、転移したがんを全て切除し、さらに予防的に別の臓器の一部を切り取ったとしてもなお、高い確率で再発します。

スキルス胃がんの再発率は約80%と言われています。

他のがんと同様、胃がんが再発すると、その後の治療は極めて困難になります。というのも、再発はがんが全身に広がり始めたことを意味するからです。

胃がんの再発に対しては、一般に抗がん剤で対抗します。近年、胃がんに対して治療効果を持つ複数の抗がん剤が見つかったものの、今のところ1年程度の延命しか期待できないと言われています。また手術で再発したがんを全て切除することは、残念ながら、特殊な例を除いてほぼ不可能と言われています。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼胃がんの再発が多いのは腹膜と肝臓【スキルス胃がんの再発率は約80%】

【概要】
胃がんはなぜ再発するのか? がんは、完治したように見えても、再発することが珍しくありません。 がんが再発するということは、一般的に最初にがんが生じた時よりも性質の悪いがん細胞が全体を侵すことを意味します。 がん細胞は…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]