【スポンサードリンク】

胃がんが転移しやすい場所ついて

胃がんは、他のガンに比べて転移を起こしにくいガンとされています。

その理由は、胃がんの多くが「分化型」と呼ばれるもので、胃のもともとの細胞によく似た性質を持つからです。

そのため多くの胃がんは、初期には固まりの状態に成長し、がん細胞が他の仲間からはぐれてさまようように動きまわることはあまりありません。また、はぐれたがん細胞がリンパ液や血流にまじり込み、それらに乗って他の場所に移動することも稀です。

とはいえ、胃がんもまた癌であり、進行とともに、癌の治癒を困難にする「転移」という性質を持っています。また胃がんの中でもめずらしいスキルスは、発生した最初の段階から、浸潤・転移しやすい性質を持っています。

胃がんは一般に、次の3つの経路で、転移すると言われています。

①リンパ液に乗ってリンパ節に転移する「リンパ行性転移」
②血流に乗って他の臓器に転移する「血行性転移」
③がん細胞が原腹の内部にばらまかれたことによって転移する「腹膜播種性転移」

これらのうち、最も初期に起こるのは、①のリンパ節への転移です。

胃壁や胃の周囲には多数のリンパ管とリンパ節が分布しています。胃は外界から入ってくるさまざまな物質を直接受け止める臓器であるため、有害物質や病原体の侵入に備えて、リンパ系が著しく発達しているのです。

リンパ節への最初の転移は、胃がんがまだ粘膜下層にある早期がんの段階ですでに始まる可能性があります。というのも、粘膜下層には細いリンパ管が存在するからです。

リンパ管の壁は血管の壁より薄いため、がん細胞はその壁を壊して容易にリンパ管に入りこむことができます。こうしてリンパ管への侵入に成功したがん細胞は、リンパ液の流れに乗ってリンパ節に到達します。

リンパ節は老廃物や古い免疫細胞をろ過・処理する場所なので、ガン細胞もしばしばそこで足止めされ、その間に増殖を始めます。

ガンは、はじめは胃に近いリンパ節に転移しますが、しだいに胃から離れたリンパ節にも転移していきます。がん細胞は胃を幾重にも取り巻くリンパ節の網を突破して、ついには胃から遠く離れた肩(鎖骨)の下のリンパ節まで到達することもあります。こうなるとがん細胞はリンパ流に乗って大静脈へと流れ込み、そこから血行性転移も始まります。がん細胞は血流に乗って肝臓や肺、骨、また稀に脳にまで移動します。

これらのうち、胃がんの転移が最も起こりやすい場所は肝臓です。それは次のような理由があるからです。

胃の役目は主に、食べたものを消化・吸収するための前処置を行うところです。口から入った食べ物がドロドロに溶かされると、一部の栄養素は胃壁から吸収され、胃の毛細血管に入ります。こうして栄養分を取り込んだ血液は、門派と呼ばれる静脈に集められて肝臓に送られます。

この血流にがん細胞が混じると、胃がんが肝臓に転移してしまいます。しかもこの場合、がん細胞は肝臓の各部に流れ込むため、肝臓内に多数の転移がんが生じることになります。

また、胃がんがさらに進行すると、③の腹膜播種性の転移が始まります。

胃の内部から成長してきたガンが胃壁の外側を包む漿膜に達し、これを突き破ると、もはやがん細胞が胃の外に出ることを食い止めるものはありません。がん細胞は腹腔にこぼれ出てしまいます。

その結果、腹腔や臓器を包む膜(腹膜)にがん細胞が付着し、そこで増殖し始めます。こうして、大腸や小腸、膀胱、卵巣(女性の場合)など様々な場所に、「腹膜播種」と呼ばれる広範な転移が始まります。

胃がんがこの段階まで来ると、ガンが根付いた腹膜からは水分がじわじわとしみ出すようになり、腹の中に水が溜まり始めます。これが腹水です。ときには腹水に血液が混じってピンク色になることもあります。

また、腸の表面に転移した癌が大きくなると、腸の内部が部分的に狭くなる「腸狭窄」が起こり、便が出なくなることもあります。

腹膜播種による転移は、癌が漿膜に達する前にごく稀ですが、一旦漿膜に浸潤すると、その確率は一気に15%以上に上昇するとみられています。

なお、胃がんの中でもスキルスとはもともと、他の胃がん細胞のように、細胞どうしがくっつきあう性質を持っていません。そのため発生当初からがん細胞があちこちに彷徨い出して、正常な組織の間に容易に浸潤していきます。こうして、早い時期にリンパ節への転移や腹膜播種が生じることになります。

スキルス胃がんの患者の約60%では、発見時にすでに腹膜播種が起こっているとされています。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼胃がんが転移しやすい場所は?【肝臓・肺・骨・脳】最も転移するのは・・・

【概要】
胃がんが転移しやすい場所ついて 胃がんは、他のガンに比べて転移を起こしにくいガンとされています。 その理由は、胃がんの多くが「分化型」と呼ばれるもので、胃のもともとの細胞によく似た性質を持つからです。 そのため多くの…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]