【スポンサードリンク】

胃がんと胃潰瘍の関係は?

1960年代頃まで、胃がんの60〜70%は胃潰瘍から発生すると考えられていました。というのも、胃がんの多くが潰瘍を伴っていたからです。そこで、による粘膜の損傷と再生が繰り返されるうちに、胃の粘膜ががん化すると言う説もありました。

しかし、後に検診の導入等で早期がんが多数見つかるようになると、この認識は変わりました。胃がんが微小な段階では潰瘍はなく、がんが大きくなるにつれて潰瘍を伴うようになることがわかったのです。これは、潰瘍からがんが発生するのではなく、むしろがんが潰瘍を作り出していることを意味します。

そのため、今では胃潰瘍が胃がんになることは基本的にはないと考えられています。

しかし、4センチ以上の胃がんの約80%が潰瘍を伴うため、胃潰瘍と診断されたら、がんも疑わなくてはなりません。X線検査で胃潰瘍らしき病変が見つかり、その後、内視鏡検査や生検をして初めてがんであるとわかる例もあります。

また、胃潰瘍の患者は、胃がんを発症する危険が高い可能性もあります。

胃潰瘍とは、胃壁を保護する粘膜が薄くなったり胃液が出過ぎたりした結果、強酸性の胃液(塩酸)が胃壁を浸食し、潰瘍をひき起こす病気です。

はじめのうちは胃の粘膜だけが荒れてただれますが、病状が進むと潰瘍は固有筋層から漿膜へと広がり、ついには胃に穴が開いてしまいます。

胃潰瘍には、特有の症状はありません。食後にみぞおちのあたりがキリキリと痛み、胸やけや食欲不振が続き、さらには吐血・下血が見られる場合は、胃潰瘍が強く疑われます。もし胃に穴が開きば、それが原因でより重篤な疾患である腹膜炎(無菌の腹腔の内部に胃液や細菌が広がり、小腸や大腸などに炎症を生じる)を引き起こします。

胃潰瘍の原因は主にピロリ菌と考えられています。これまでの研究によれば、消炎鎮痛剤を長期的に使用していない患者は、ほとんどがピロリ菌保菌者と言うことです。

まず、心理的なストレスや鎮静剤の常用などで胃の血液循環が悪化すると、胃粘膜の細胞が正常に増殖しなくなり、胃酸に対する防御力が低下して粘膜が薄くなります。この時胃の中にピロリ菌が存在すると、症状が悪化して胃潰瘍へと進展すると言われています。

ピロリ菌の中でもとりわけ、強い毒素(空胞化毒素)を分泌する種類のものは、胃壁を積極的に浸食するとされています。

胃潰瘍は、胃酸の分泌をを強力に抑える薬であるH2ブロッカーPPI(プロトンポンプ阻害剤)などの投与により、通常4〜8週間ほどで治癒します。しかし、ピロリ菌感染が続いていると再発率が極めて高く、約80%の患者が後に再発すると言われています。

逆にピロリ菌除菌治療を行った場合には、再発率が10%程度に低下するとも言われています。

そこで現在では、胃潰瘍の治療の際にピロリ菌が発見された場合は、胃酸を抑制するとともに、ピロリ菌を殺すための抗生物質を投与するのが標準的な治療になっています。この治療もまた保険の対象です。

胃潰瘍が胃がんになることはないとしても、胃潰瘍を発症した人はピロリ菌が活動しやすい胃を持つということです。そのため、ピロリ菌が胃がんの原因の1つとされる以上、胃潰瘍の患者は胃がんのリスクが高いと言えるかもしれません。そこで、胃潰瘍が見つかった段階でピロリ菌の除菌治療を行えば、胃がんのリスクを引き下げることができるのです。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼胃がんと胃潰瘍の関係【ピロリ菌除菌治療で胃がんリスクは下げられる】

【概要】
胃がんと胃潰瘍の関係は? 1960年代頃まで、胃がんの60〜70%は胃潰瘍から発生すると考えられていました。というのも、胃がんの多くが潰瘍を伴っていたからです。そこで、による粘膜の損傷と再生が繰り返されるうちに、胃の…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]