【スポンサードリンク】

胃がんと胃炎の関係は?

慢性胃炎は、胃の粘膜や胃液を分泌する組織(胃液分泌腺)が、炎症を起こしたり萎縮したりする病気です。

暴飲暴食したり、強い刺激物を食べたりした時に、胃がきゅーっと痛くなるのは急性胃炎の症状ですが、これは一過性です。

しかし慢性胃炎では、食欲不振、胸やけ、胃のもたれなどが何週間も続きます。ときには胃にたえず鈍痛を感じたり、吐き気、吐血、全身倦怠感に襲われることもあります。また逆に、症状がまったくないことも少なくありません。

慢性胃炎は、かつては、胃粘膜の表面に軽い炎症が起こる「表層性胃炎」、胃粘膜が薄くなる「萎縮性胃炎」、粘膜が厚くなる「肥厚性胃炎」に分けられていました。

しかし、表層性胃炎は急性胃炎との違いが明確でなく、また肥厚性胃炎は、実際に胃に炎症が起こっているわけではありません。

そこで最近では、慢性胃炎で最も多く見られる萎縮性胃炎と、それ以外の胃炎に大別する分類法を用いるようになっていきました。

萎縮性胃炎は、胃の粘膜の炎症が長く続くことによって生じます。がんは、傷ついた粘膜細胞の代わりに新しい細胞が生まれますが、次第に再生が間に合わなくなり、粘膜が薄くなります(萎縮)。そのため胃カメラで見ると、粘膜の下の筋肉の窓(固有筋層)の中を走る細い血管が透けて見えるようになります。

粘液などの胃液を分泌する胃腺も次第に失われていき、ついには、消失した胃の粘膜細胞に代わり、胃液の表面を腸の細胞がおおうようになります。これは「腸上皮化生」と呼ばれる現象です。この状態はがんの発生に適した場所とされ、がんのリスクが高いことで知られています。

萎縮性胃炎の原因はかつては老化とされていましたが、最近では主な原因はピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染とみられています。これは、萎縮性胃炎の患者のほとんどはピロリ菌に感染していることが明らかになったためです。

ピロリ菌に感染すると、ほとんど例外なく胃の表面に炎症が起こるとされています。この場合、多くは自覚症状がなく、成人ではピロリ菌が自然に排出されて治癒することが多いようです。しかし、幼少期に感染すると、成人してから萎縮性胃炎や腸上皮化生、胃潰瘍に進展することも少なくありません。

ちなみに、腸上皮化生はピロリ菌の繁殖がひき起こすと考えられがちですが、実は胃の表面がこのように変化すると、ピロリ菌が棲めなくなるとも言われています。

萎縮性胃炎についてはピロリ菌の除菌により病状の進行が抑えられたり、病状が改善するなどの効果が認められており、腸上皮化生も除菌によってもとの胃の粘膜に少しずつ戻る場合があると言われています。そのため、以前はピロリ菌を除菌する際、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者しか健康保険を利用できませんでしたが、2013年には萎縮性胃炎についても健康保険が利用できるようになりました。

慢性胃炎のその他の原因としては、過度の喫煙や飲酒、カフェインなどの刺激物の取りすぎ、習慣的な消炎鎮痛剤(非ステロイド系消炎鎮痛罪:NSAIDs)の服用、精神的ストレスの持続などが知られています。

これらは慢性胃炎の中でもびらん(ただれ)を起こすことが多く、潰瘍に進行することもあります。しかし、ピロリ菌に感染していなければ、こうして生じた慢性胃炎が胃がんに進行することは稀だと考えられています。



まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

▼胃がんと胃炎の関係【ピロリ菌の感染がなければ胃がんへの進行は稀】

【概要】
胃がんと胃炎の関係は? 慢性胃炎は、胃の粘膜や胃液を分泌する組織(胃液分泌腺)が、炎症を起こしたり萎縮したりする病気です。 暴飲暴食したり、強い刺激物を食べたりした時に、胃がきゅーっと痛くなるのは急性胃炎の症状ですが、こ…

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]