コペン or S660


ホンダ S660

最近の軽自動車界でいちばん話題に上っているのがホンダのS660の発売です。

この車は、ホンダの創成期を支えたSシリーズの系統を受け継ぐ、ライトウェイトオープンモデルとして発売され、ビートの後継モデルという形で生み出された車です。

当初、ホンダのNシリーズのプラットフォームを使ったものが作られるなどといったうわさがあったのですが、ここにきて専用設計のシャーシを使った車として作られることがわかりました。

エンジンはビートの時代でも660ccのNAエンジンを採用していたのですが、今回は660ccターボエンジンを搭載することが決まっており、そのパワーも100ps程度になるのではないかといわれています。

軽自動車には64psまでという自主規制値があるのですが、それを無視した形となり事実上、自主規制値がなくなるのではないかといわれています。


ダイハツ コペン

一方、ダイハツからつい最近発売されたコペン、先代コペンの生産終了から少し時間をあけての誕生ということになったのですが、こちらのモデルも2シーターオープンスポーツという形で作られており、100psは出せないものの64psのターボエンジンを搭載しての登場となりました。

この車の特徴は外装パネルを交換して、自分の好きなカラーリングを楽しめることなのですが、はっきり言って軽自動車にそこまで求める方はあまりいないことから特徴とは捉えられてはいないようです。

この両車は、2シーターオープンスポーツということでコンセプト自体は同じようなものとなっているのですが、決定的な部分に違いがあるのです。

それはレイアウト、S660はエンジンをキャビン後ろに置くミッドシップレイアウトを採用しており、前後重量バランスも駆動輪もスポーツ走行に最適なものとなっています。

対して、コペンはスポーツ走行にはあまり向かないFFレイアウト、エンジンもトランスミッションも駆動輪もすべてフロントとなります。

これはダイハツがトヨタの子会社であるということが出たもので、シャーシやボディこそ専用設計ですが、肝心のエンジンやトランスミッションなどのドライブトレーンに至ってはムーヴやミラなどの既存の車に付けられているものを流用しているだけなのです。

ダイハツには現在、後輪駆動のドライブトレーンを一切持っておらず、結果的にFFレイアウトとなってしまったのです。

この違いは走行性能に大きな差が生まれるということを表しており、エンジンパワーはともかく、シャーシだけでもコーナーリング性能や全体の走行性能などに大きな差が生まれてくるのです。

スポーツモデルらしいスポーツ走行を楽しむための車がS660、見た目や雰囲気だけ味わいたい方はコペン、こういった見方をするのが一番妥当だと思われます。

しかし、やっぱりトールワゴンではなく、オープンスポーツモデルを選んだからにはS660のパワーとミッドシップレイアウトがもたらす高次元の走行性能は魅力的です。